パニック障害やSAD(社交不安障害・対人恐怖)の方で、

虫歯や歯槽膿漏があって、

歯科治療が必要であるにもかかわらず、

歯科での治療の拘束感(逃げられない感じ)やキュィーンという機械音が怖くて、

こんにちは、熊木です。

 

水谷雅信先生の文章に触れて、ふと思い出したことがあります。

 

私は彼の沖縄時代の話が大好きで、

どんな話も常に興味津々で聞い ...

IBS(過敏性腸症候群)についての、精神科薬物・漢方薬の小解説|「セロクエル錠(クエチアピンフマル酸塩)で、 下痢型IBS(過敏性腸症候群)の症状が消えた」 という“ももさん”に対する回答

IBS(過敏性腸症候群)は、極度の緊張に襲われ ...

<故・岩田勲先生との洛星高校演劇部での思い出(追悼)>

 

2015.1.9.の朝、岩田勲先生の訃報が入ってきました。

その突然の悲しい知らせに驚いたとはいえ、これまでに全く何も心当たりが ...

<あいち熊木クリニック・あいくま心理カウンセリングに通院中のみなさまへ>

(※お年賀頂戴しました方、ありがとうございます。本状でもって挨拶に代えさせていただきます)

 

 

夜尿症における、あいち熊木クリニックの漢方治療・精神科的治療

あいち熊木クリニックは、心療内科・精神科クリニックで、もともとは思春期の専門です。

しかし、そんな事情とは関係なく、さまざまな要請を受けることがあり、それらに対し ...

未分類

平成 25 年(2013年)の道路交通法および同施行令の改正、および自動車運転死傷行為処罰法の成立において、

ある種の精神疾患を持つ患者さんおよび向精神薬(精神科薬物)服用中患者さんに対する処遇が大きく変えられました。

こんにちは、熊木です。

 

この時期になると、受験した私の患者さん達は、入学試験の結果に一喜一憂します。

 

そして、私も彼らとともに、一喜一憂します。

...

こんにちは、熊木です。

たわいもない昔話をひとつ。

名古屋市立大学時代、医学の勉強はそこそこに、
自分の関心領域の本ばかり読んでいました。

そしてある時期(大学4年生の約一年間)、映画にもは ...

 一言一句噛みしめながら読んだ。通読し終えた後、すぐさま同じ兼本先生が書かれた一つの論文と一つの書籍が脳裏をよぎった。本書の下敷きにもなっている論文「原罪としてのコギト~『生命のかたち/かたちの生命』を読んで」と、『てんかん学ハンドブ ...