北海道で”派手な迷子”があり、連日このことについて報道されていました。
(報道内容の詳細については、省きます)

後に、まだ寒い北海道のこの時期に、男の子が奇跡的に一週間も生き延びていたとの報がもたらされ、